2011年07月22日

昨日の夜マクドナルドで

気づけばきのうで、ウモレボン市まで約1ヶ月。

そんな夜にベルロードのマクドナルドで本を読んでいたら、
かえる先生にばったりお会いしました。

まだ古本市の場所が決まっていないと言ったら
「1ヶ月前にはチラシまいとかなきゃ!」
と叱咤および激励されました。
早く決まらないかなあそわそわ…
posted by うもれぼん at 22:15| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月16日

一箱本送りたい

先日、古田さんとのミーティング中に一箱古本市について調べていたら、

一箱本送り隊
という活動をみつけました。

【一箱本送り隊】は、
自宅が、図書館が、書店が地震や津波で失われた被災地で、
本を読めない生活を強いられているたくさんの人たち、
子どもたちのために本を届けるためのプロジェクトです。
(送り隊さんのページより)

震災があってからというものの、
日本はさまざまに動いていますが、
ウモレボン市としてもできることがあるようなので、
いいな、と思いました。

しかし、送り隊さんのページにもありましたが、
本ならなんでもいいというわけではありません。
その本が求められていなければ、送る側の自己満足のためにただの紙束を送りつけてしまうのも同然。
という状況になりかねません。
やはり本を受け取った被災者の方に楽しんでもらえる本を送らねばなりません。

さっそく送り隊さんにコンタクトをとってみると、
被災地では最近、
●絵本 
●小学生向けの物語 
●料理やお菓子作り・雑貨の本
●食に関係する本
●旅の本
●花の本
●インテリア関係の本
の要望が増えてきていて、
もちろん、コミック、小説やミステリなど大人向けの本も大歓迎
とのお返事をいただきました。

せっかくの機会なので、
ウモレボンではこのあたりの本を参加者の方に募ってみてはどうか、と思っています。


M
ラベル:一箱本送り隊
posted by うもれぼん at 20:35| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

会場候補

ブログのアップが滞っていますが、
ウモレボンはウモレボンなりに、ちゃくちゃくと歩みを進めています。

会場ももうすぐ決まります。
会場をお借りするにあたって、企画書なども作成していましたよ。

会場候補(申請中なう)はスミス記念堂です。
昭和初期に建てられた、日本建築の教会(基督教)です。
小さな建物なのですが、
細部まで趣向が凝らされていて、ほんとうにすてきな建物です。

1996年に一度解体され、保存されていましたが、
2006年に再建されました。
建物のなりゆきも、古本にはぴったりとおもいます。

彦根は歴史のある古い土地ですが、
建物の保存にあまり熱心でないように思えます。
昭和初期に建てられたデパートも、映画館も、なくなりました。
仕方がないことだったのかもしれませんが、もったいないことです。

そんななか、こんな建物があるなんてほんとうに貴重で、
幸運な建物ではないかと思います。
再建も寄付によって成り立っており、運営は市民団体(NPO法人スミス会議)によって行われています。

というわけで、ウモレボン市はぜひともスミス記念堂で開催させていただきたいですが、
現在申請中です。
決まったらいいなあー

正式に決まったらお知らせします。


M
posted by うもれぼん at 15:22| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする